台湾の花@台北植物園

台北植物園

面積8ヘクタール、2000種にも及ぶ植物が収集された、歴史ある植物園。園内では植物が系統ごとに、区分されて栽培され、蓮池や温室も設けられている。ここで観察できる鳥類や昆虫類も多く、台北の数少ないオアシスとなっている。ウェブサイトでは開花情報も閲覧できる。
園内には、清代の台湾布政使衛門も移築保存されている。

植物園の入口は全部で4つあります。もちろん、入場料は無料!

植物は、分類と特性ごとに区分され、蓮池、十二支エリア、多肉植物エリア、蕨類植物エリア、詩経植物エリア、民俗植物エリア、シュロ科エリアなどテーマごとに分けられています。

特殊な植物については説明看板が設置され、分かりやすく紹介されています。

都会のオアシス!
小鳥やリスにも会えましたよ。少し早起きをしてお散歩すれば、身も心もすっきり快適♪

朝はなんと4時オープン!若い人は出勤前にジョギングなどの運動をしている公園でした。

園内はゆったりとした時が流れています。お散歩をするおばあさん。お気に入りスポットで太極拳をするおじいさん。

大きな蓮池が見えますね!

リスも数匹みました。木々を渡り歩き、食事に忙しそうでした。

何といっても「台湾らしいな」と思うのは、道の両脇にそびえ立つ大きなヤシの木。

台北植物園

MRT小南門線「小南門」駅下車、住所:台北市南海路53号

営業時間:4:00~22:00(文物館は9:00~16:00)

休業日:年中無休(文物館は月曜日休み、旧正月5日間)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA